トップ

本サイトは、特定非営利活動法人(NPO法人)オープンワイヤレスアライアンスが企画・提供するArduino用3Gシールド(以下、「3Gシールド(3GIM+3GIMシールド)」)および3GIM(3G IoT Module)※1ほか、アライアンスメンバーの技術情報や活用情報などを広く提供するとともに、利用者向けの保守サポートを行っていくことを目的としています。

※1 オープンワイヤレスアライアンス(OWA)が企画・設計し、普及・展開を図っているWAN(3G)通信モジュールです。

本サイト内を検索する:

What's new

3GIMシールド V2.0 登場[2016.10.13]

この製品を使うことでArduinoUNOやMEGA、ほかGenuino101上などで、3GIMを搭載し、これまでの3Gシールドと同じライブラリを使って簡単に3G通信が利用できるようになります。


3GIM(V2)のArduino用ライブラリをリリース [2016.5.5]

enterAT()関数のバグ(ATパススルーモードから戻らない場合がある)を修正したバージョンをリリースしました。
3GIM(V2)の紹介からダウンロードしてください。


Arduino Mega/Zero/101等で3GIM(V2)を使用できるライブラリa3gim2を公開 [2016.5.5]

ハードウェアシリアルを使って3GIM(V2)を利用することができるArudino用ライブラリa3gim2(R4.1)をリリースします。3GIM(V2)専用ですので、3GIM(V1)ではご利用できませんのでご注意ください。
こちらの「ダウンロード・技術情報」のセクションからダウンロードしてください。

また併せて、a3gim2を使ってメールを送信できるライブラリa3gimail2もリリースしました。同じページからダウンロードできます。


発売中の3GIM HATの技術情報を公開 [2016.10.13]

発売中の「3GIM HAT(3GIMをラズパイで使うための拡張ボード)」の情報をここで公開します。
(ご購入されたい方は、info@tabrain.jp までご連絡ください。直販でのみ取り扱っております)



2016/6/1~2 ポリテクセンター中部にてセミナー開催

下記の要領で技術セミナーーを開催いたします:

 タイトル: 3G通信技術を活用したM2Mアプリケーション開発技術(Arduinoによる開発期間短縮技術)
 場所:〒485-0825 愛知県小牧市下末1636-2
 TEL:0568-79-0511


3GIM(V2)がSORACOM認定デバイスとなりました [2016.04.23]

詳しくは下記のページをご参照ください:



3GIM(V2/NEO)+Arduino(Genuino) 101の開発資料を公開 [2016.4.23]

3GIM(V2)とGenuino101を使用した開発事例と技術資料を掲載しました。


3GIM(V2/NEO)の事例を公開 [2016.2.28]

3GIM(V2)の紹介ページにて、3GIM(V2)の製作事例を一つ掲載しました。回路図やスケッチも公開しましたので、参考にしてください。


3GIM(V2/NEO)の消費電流の実測値を公開 [2016.2.27]

3GIM(V2)の紹介ページにて、3GIM(V2)の起動時、エアプレーンモード時、$LGで測位している時、$WGで3G通信を行っている時の消費電流を実測してみましたので、その結果を公開します。


3GIMの新バージョン(V2/NEO)の発売開始について [2016.2.12]

お待たせいたしました。いよいよ新バージョン3GIM(V2)の販売を開始いたします!

V2の仕様や特長については、3GIM(V2)の紹介ページをご参照ください。

ご購入はこちらからどうぞ。


SORACOMのSIMが利用できます [2015.10.3]

このスケッチをUNO+3Gシールドで動かしていただくと、SORACOMのSIMが利用できるようになります。


上記のスケッチを、3Gシールドを装着したUNOに書き込んで動かしますと、下記の処理を自動で行って、SORACOMのSIMが利用できるようになります。
 (1) No.12のプロファイルとして、SORACOMのAPN情報を書き込む
 (2) No.12をデフォルトのプロファイルとして設定する

ただし、古い3Gシールド(Ver1.1以前のもの)の場合は、この方法が利用できませんので、お手数ですがサポートまでお問い合わせください。


3GIMの新しいマニュアルを追加しました。 [2015.9.21]

3GIMの新しい基板(V1.1)をベースとしたマニュアルで、各コマンドとその応答(レスポンス)に関する事例プログラムを豊富に掲載しました。その他トラブルシューティングも掲載しています。
新たに、以下のような内容を変更・追加しました。
1)TCP/IP関連の事例変更
2)ツイッター連携でのツイート読込みの事例追加
3)フリーのクラウドM2X.ATT.COMへのセンサ値アップの事例追加
これまでになく3GIMを短時間で簡単に使えるように工夫したマニュアルです。
ご利用頂けましたらと思います。

http_getでの「arduino.cc」へのアクセストラブル [2015.7.4]

3Gシールド等のサンプルスケッチで、http_get.ino の中で使っていました「arduino.cc」へのアクセスでトラブルが発生しています。
これは、aruduio.cc側のセキュリティ強化のためで、「arduino.org」サイトなどで試して頂くことでアクセスできるようになります。

3GIMのトラブルシューティングを追加しました。 [2015.4.20]

これまでの多くの3GIMサポートを通じて、共通した内容でのトラブルがほとんどでしたので、一覧表としてまとめ、本WiKiページにも掲載することとしました。 メニューの「3GIMの紹介」に追加しています。
ご参考にしてください。

3GIMのArduino用ライブラリを更新しました [2015.3.22]

大きな機能変更はありませんが、最新のArduino用ライブラリ(R3.1)を公開しました。


のいずれかのページからダウンロードできます。

改訂内容は、ダウンロードファイルに含まれるREAD_ME.txtをご参照ください。


3GIMをIntel Edisonで使ってみました [2015.3.21]

(*)回路図とソースコードをlabs掲載しました!

Edisonとブレークアウト基板に3GIMを組み合わせて使ってみました。

edison_3gim.jpg

Edisonで3GIMを使う方法はいろいろありますが、今回は

 Intel XDK IoT Edition (JavaScript + node.js)

を使ってみました。とっても簡単です。 

手元にあった温湿度センサAM2321から温度と湿度をI2C経由で読み取り、読み取った温度を1分おきにxively.comサービスへアップロードするサンプルです。

詳しくはlabsを参照ください。


Arduino IDE 1.6.0のご利用について [2015.2.24]

2015/2/9に、Arduino IDEの最新バージョン1.6.0がリリースされました。
現在、a3gsおよびa3gimの各ライブラリで動作確認を行っておりますが、一部の関数でうまく動作しない不具合が発見されております。
3Gシールド・3GIMをArduinoでご利用されている皆様におかれましては、そのプロジェクトで1.6.0を利用することをしばらく控えていただいた方が良いと考えております。
今後の対応状況に関しましては、随時、本サイトにてご報告させていただきます。

JPEGカメラ+SDメモリ+3Gシールドでサーバに画像データアップ [2015.2.16]

3Gシールドを使って画像データをアップする技術提供が、株式会社自動計測の望月様からありました。
以下のサイトのTOPICSでご紹介しています。



3GIMの自作ケース [2015.2.4]

3GIMは、アンテナを固定するのが難しいということで、3Dプリンタを使って3GIMにぴったりのケースを作成されたユーザ様(東京大学大学院・情報学環の中尾研究室様)がありますので、ご紹介させていただきます。

3GIM_CASE.jpeg

ケースの中にリチウムポリマ二次電池を格納して、マイクロUSBコネクタ経由で利用できるようになっています。
この研究室では、インテルさんのEdsionと組み合わせて授業等に利用されているとのことです。

3GIMの機能一覧や回路図等を公開 [2014.11.24]

3GIMの紹介ページで、回路図やマニュアル(評価版用)、機能一覧等を公開しました。
今後は事例などもできるだけ具体的に紹介していきます。

 → mbedでの事例を掲載しました(2014.11.26)

 → 5Vから3.7Vを作り出す回路例3GIMの紹介に追記しました(2014.12.10)

 → Arduino用ライブラリ3GIMの紹介にアップしました(2014.12.11)

  • 最終更新:2016-10-16 16:56:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード